若手キャリア官僚は今こんなことを考えています

※このブログは私が所属する組織の見解を示すものではなく、あくまで個人の見解に基づくものであります。また正確性を一義的な目的とはしていないため、事実であるかどうかの裏づけを得ていない情報に基づく発信や不確かな内容の発信が含まれる可能性があります。

初めましての方へ

初めましての方はこちらをご覧くださいませ。

続きを読む

省庁再編を巡る議論の観戦マニュアル

しばらくの間は「省庁再編」がバズワードになる気がします。

多くの方々が色々と意見を述べられると思います。 

どういう観点でこの論戦を眺めたらいいのか、ということを少し書いてみます。 

www.nikkei.com

 

  • 1. 省庁再編論は、組織の効率化だけではなく、どうしても政策が絡む
  • 2. 懲罰的な意味合いのみの組織改編論は、ちょっと怖い
  • 3. 役人の意見は聞くべきけど、聞く人を選んだ方が良い
  • 4. 産業界の意見は、ユーザーの目線として面白い
  • 5. ユーザーといえば、国民である
  • 6. 中で働いているのは人間である点に注意する
続きを読む

国会答弁の作り方3 〜明けない夜はない〜

お待たせしました。

最初に約束しますが、今日で答弁作成は完了して無事答弁が終わりますのでご安心を笑

 

これまでのシリーズ一覧

kasumigasekipeople.hatenablog.com

kasumigasekipeople.hatenablog.com

kasumigasekipeople.hatenablog.com

 

目次

 

---(前々回)国会答弁の作り方1---

http://kasumigasekipeople.hatenablog.com/entry/2018/03/31/133947

---(前回)国会答弁の作り方2--- 

---今回---

  •  7. 省内で了(As soon as possible)
    • 7-1. 政務三役の答弁の場合
    • 7-2. 政府参考人の答弁の場合
    • 7-3. (ちょっと寄り道) 問取りレクでの振り分け
  • 8. (総理問等の場合は)官邸了(As soon as possible)
  • 9. 答弁者レク(当日朝が多い)
  • 10. 答弁
続きを読む

国会答弁の作り方2.5 -最終回直前Q&A-

私の想像以上に多くの方にご笑覧いただいている「国会答弁の作り方シリーズ」なのですが、

最終回に向かう前に

はてブにて、いくつかご疑問やご感想を頂いておりまして、

私の性格として、それを放ったらかしにしたまんま先に進むのがどうも気持ち悪かったので、早く終わらせろという雰囲気を感じる中ではありますが笑、まずそれを消化してから最終回に向かおうと思います。

(あとは、質問に答える形式は、0から書くのと比べてサクサク書けて、時間かからないという裏事情もあったりします笑)

 

参照しているのは下記のはてブページです。

本文読んでません、という方は、下記リンクからジャンプして頂ければ幸いです。

b.hatena.ne.jp

b.hatena.ne.jp

 

やり方は下記の記事と同様で、はてブについたコメントのリンクを引用させていただきました。

kasumigasekipeople.hatenablog.com

  • 1.ご質問編
  • 2.ご意見編
続きを読む

国会答弁の作り方2 〜論理的思考と反射神経の二重奏〜

まずはじめに謝っておきます。今回も長いです笑

 

前回の記事はこちら

kasumigasekipeople.hatenablog.com

 

---(前回)国会答弁の作り方1---

 

---今回--- 

  • 6. ひたすら書く(大至急)
    • 6-1. 割り振り完了してから書き始めるのでは遅すぎる
    • 6-2. 想定問答を使いこなす
    • 6-3. ひたすら書く
    • 6-4. 書く時の注意点
    • 6-5. 他省庁との調整
続きを読む

国会答弁の作り方1 〜大人も子供も、議員さんも〜

「国会答弁書」という超ニッチな業界用語がこんなにも世間の注目を浴びたことがこれまであっただろうか。

 

というわけで、日々ニュースを賑わせている「答弁書」について、どのようなプロセスを経て作られて、最終的に「答弁」となって世に出ていくのか、というのを臨場感あふれる形でわかりやすく(そのぶん、長いです)ご紹介していこうと思います。

 

省庁ごとに微妙にやり方は違うのですが、職員でもない方々に細かい手続きを知って頂く必要もありませんので、まぁこんなもんなんだなということでお読みいただければ。

 

いつもの記事の構成なら、「そもそも答弁書とは」「国会質疑とは」みたいな定義から入るのですが、今回はあえてそれを後回しにして、「今、霞ヶ関で何が起こっているのか」を淡々とお伝えすることに重点を置いてみようと思います。

その方が、これってそもそも何のためにやってんだっけ、といった形でゼロベースでご関心を持っていただきやすいかなぁという、まぁ一つの思いつきです。

公務員は、みなさんが雇用主とすると、ある意味では「従業員」なわけですから、自分のところの従業員が今何をしてるのかを知って頂くのは意味があることなんじゃないかなと。税金で雇っていただいているわけですから。(これは、この記事に限らず、当ブログの運営において私が常に意識していることでもあります)

 

子供(と言っても中高生ぐらい?)にもわかるように頑張って書きます。

 

以下、下記のプロセスに沿ってご説明します。

順番はこれに限るわけではないのですが、ここでは説明のわかりやすさを重視して順番を設定しました。

 

  • 1. 国会日程決定(質疑の数日前〜前日)
  • 2. 質問者決定(数日前〜前日)
  • 3. レク(問取りレク・議員レク)の日程決定(前々日〜前日夜)
  • 4. レク(前々日〜前日夜)
  • 5. 割り振り(レク終了後直ちに)
続きを読む

アメリカ国立公文書館の思い出

単なる思い出話ですけれども、

 

アメリカにある国立公文書館に行ったことがありまして、

 

その話を少しだけさせてください。

いつもと毛色が少し違いますが、せっかくだから、いろんなタイプの記事書きたいじゃないですか笑

続きを読む